女性活躍推進法に伴う行動計画について

女性活躍推進法に伴うムトウグループ行動計画について

 

 平成27年8月に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が成立しました。女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備することを目的としております。

【法律制定の背景】

  • 女性労働者は就業率、離職率、昇給・昇格等の面から見ても、働く場面において十分に力が発揮来ているとは言えない状況
  • 将来の労働不足が懸念される中で、企業等における人材の多様性(ダイバーシティ)を確保することが不可欠
  • 政府としても「指導的地位に占める女性の割合を2020年までに30%とする」という
  • 目標を掲げ、喫緊の課題としている

 上記のような我が国の状況を踏まえ、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、国、地方公共団体、民間事業主(一般事業主)の各主体の女性活躍推進に関する責務等を定めた『女性の職業生活における活躍の推進に関する法律』が制定されました。

 

 上記法令に伴い、当グループでは添付の「女性活躍推進のための行動計画」を平成28年4月1日より実施致します。

 

○女性活躍推進に伴う情報公表

【採用した労働者に占める男性・女性労働者の割合】

平成28年度(H28.4.1~H29.3.31まで)採用者

(職種)    (男性)   (女性)

・総合職 :    95%      5%

・一般職 :    0%     100%

・パート :    14%     86%

 

平成29年度新入社員

・総合職 :    92%      8%

・一般職 :    0%     100%

 

【男女の平均勤続年数の差異】

平成29年度6月現在

(職種)      (男性)    (女性)

・総合職 :    14年           8.6年

・一般職 :    13年         11年

 

添付サイズ
一般事業主行動計画.pdf26.49 KB