WiSM 株式会社ムトウ人材採用情報

interview_header

Interview

社員紹介

 
Interview ③
  • 新卒入社
  • 技術職

機械に関心が高く、責任ある仕事がしたいという人に
ぜひおすすめしたい職場環境です

長田 卓也Takuya Osada

  • 株式会社ムトウテクノス
  • 2014年4月入社
  • 日本工業大学卒
3-1
Message
3-2 

医療機械を扱う仕事への
魅力と不安を同時に感じた

学生時代機械工学を学んだ私は、就職先としてもやはり「機械のメンテナンスに携わることができる仕事」を選びたいと考えていました。しかし当初、『医療』というキーワードは頭にありませんでしたが、たまたま「医療機械のメンテナンス」という仕事を見つけ、一気に関心を持つようになりました。

機械を扱うことへの心配はしませんでしたが、「医療系の仕事が勤まるだろうか?」という漠然とした不安がありました。特に人の命に関わる機械を扱うことになるからです。その「責任感」と「緊張感」はこれからも持ち続けていきたいと思います。

3-3

医療の現場で必要とされる
機械の多様さ、重要さを知った

入社後は、とにかくわからないことだらけでした。医療系の機械ですので、それまで触れたことがなかった機器ばかりです。先輩社員に教えてもらったり、メーカーに問い合わせてお話を聞いたりと、学ぶべきことがたくさんありました。マニュアルを見ながら勉強もしていました。

こうした経験は、全てが新しい発見です。医療の現場では「ここまで機械を必要としているんだ」ということが、最も印象に残る発見でした。そして今では、すっかり医療機器に詳しくなったと思います。実は1週間ほど入院した経験があるのですが、「この機械は」などとわかるようになりました。

3-4 

機械に関心があり、責任ある仕事を望む人には
魅力的な職場環境だと思う

私たちの役割は、病院内で使われる医療機器の管理、メンテナンスです。機械を種類ごとに分け、使用された後に分解してキレイにしたり、必要な場合はメンテナンスを行います。入社後、機械の名前などがわかって来た頃、簡単なメンテナンス作業などを担当するようになりました。

それから徐々に複雑な機械のメンテナンスも任されるようになり、現在ではある病棟の担当をさせていただいています。薬事課や看護師から「直してほしい」といった依頼や、機械に関する問い合わせへの対応などを行っています。機械に関心が高く、なおかつ責任ある仕事に就きたいと考えるなら、この仕事はとても魅力的だと思います。

Column
3-5 

CAREER

◆就職活動
大学では学部、大学院と6年間機械工学を学んだ。機械のメンテナンスに携わりたいと考え入社を決めた
◆2014年
配属先は、技術系専門の株式会社ムトウテクノス。所属はMEシステム部ME課(北大担当)


ONEDAY

08:00
出社、朝礼
08:30
担当作業の準備、点検、メンテナンス作業実施
12:45
昼休みを挟み、引き続き点検、メンテナンス作業。午後は突発的な対応が発生する場合もある
17:15
一日の作業を終え帰宅
  • 3-6

社員紹介|Interview Index

More Information