WiSM 株式会社ムトウ人材採用情報

interview_header

Interview

社員紹介

 
Interview ④
  • 新卒入社
  • 企画職

営業から本社社内部門への異動は非常に新鮮
この経験をキャリアアップに繋げていきたい。

伊藤 洋Hiroshi Ito

  • 北海道営業仕入企画部営業仕入企画課
    課長
  • 2002年4月入社
  • 室蘭工業大学卒
4-1
Message
4-2

北海道営業仕入企画部は
社内を結ぶネットワークのようなもの

北海道営業仕入企画部とは、社内でさまざまな役割を果たしている部署です。私は2018年に着任しました。まだ着任後日が浅く、これから経験することになる業務も多くあります。当部署が果たしている主な役割をご紹介しましょう。もしかしたら、流通企業のバイヤーと似たところがあるかもしれません。そこに支店などの営業部門を統括する業務を融合させた役割です。

具体的には、販売を拡大させたい製品がある場合、「こういった方針で販売拡大を行う」といった伝達を各支店に行ったり、販売量に応じた利益確保の交渉をメーカーと行うこともあります。また、メーカーに発注するOEM商品の企画・開発を行う場合もあります。

4-3

社内での連携が重要で
私にとっては新鮮な業務内容

ご紹介したような業務は、私たちの部署が会社を代表して行うことになります。対外的な窓口となるという意味もありますし、社内的にも「会社の方針」ということで伝達を行いますから、こちらも会社の代表となるわけです。ですから、間違いが含まれた発信を行うわけにはいきません。当部署での業務では、そうした点に気を配る必要があります。

間違いが含まれた発信を行わないためにも、日頃から社内における意思の疎通が非常に重要です。日頃から関係各部門とコンタクトを取り、情報発信などのコミュニケーションがスムーズに行われるよう気を配っています。営業とはことなり、社内での連携が重要となる業務スタイルが新鮮ですね。

4-4 

営業の現場で感じることができる
仕事の魅力、やりがいについて

長年に渡って経験してきた「医療の営業」で感じることができる「やりがい」や「仕事の楽しさ」をお伝えしておこうと思います。

営業の仕事をしていると、医師など直接のお客様などに加え、周囲の関係者の皆さまなど、実に多くの方とお話しする機会が訪れます。雑談レベルから商材のご紹介やPR、商談などです。そうした際に話題に上がった断片的な話しが、ある瞬間に「一枚の絵」として繋がることがあります。その絵とは、実は見えないところで検討されている案件などです。そこに気づき、案件を受注に繋げることができたときなどの達成感。

これは、何ものにも代え難い「営業の面白さ」です。もちろん全てが上手く行くとは限りませんが、皆さんにもぜひ、そした達成感を味わっていただけるようになればと考えています。

Column
4-5 

CAREER

◆入社・旭川支店営業1課配属
◆新札幌支店
◆札幌本社 第一営業部1課
◆販売促進部(臨床検査課)
◆八尾ムトウ(グループ会社)/課長職
◆北海道営業仕入企画部営業仕入企画課 現在に至る


ONEDAY

07:00
出社、メールチェック・処理
09:00
メーカー担当者の来社対応・商談
13:00
会議資料作成、電話対応、メールによる依頼事項処理など
18:00
必要な場合には残業をする場合も。その後帰宅
  • 4-6

社員紹介|Interview Index

More Information